ケムリノチハレ

非喫煙者がVAPE(電子タバコ)をはじめてみた。

脱・無印良品コットン! VAPE用コットン3種吸い比べ

f:id:smoglog:20180304183138j:plain

簡単に手に入り、安くて、ビルドしやすく、そこそこ味も良い無印良品のコットンを使いだして、1年が経過しましました。使い切ったら次はベイプ用コットン購入しようと思っていたのですが……。

 

 

最初に購入したベイパーチョイスコットンは、繊維方向が完全にそろえられているため、コイルに通すのが難しく、消費が激しかったのですが、無印良品コットンは簡単で失敗しないし、貧乏症で切れ端もほぐして使うもので、なかなか減りません。

f:id:smoglog:20180304183034j:plain

このコットンの欠点は、僕のビルドが悪いのもあると思いますが、コイル付近のリキッドだけが蒸発して、端っこのほうのリキッドが移動しないこと。特にペルソV3はコットンの足を長く取って隙間を埋めるようにすると美味しいので、これが大問題。

 

今回新たに用意したコットンは以下の3つ。

 

1. コイルマスターのプロコットン。500円くらい。

 

2. デーモンキラーのワイヤーについてくるコットン。コットンだけの値段は算出できません。

 

3.コットンベーコン。800円くらい。

 

f:id:smoglog:20180304183020j:plain

テストに使うのは、ハダリーで、自作のカンタルクラプトンワイヤ26ゲージに34ゲージで3ミリコア4巻で0.7Ωとなってます。

 

まずはプロコットンから。

f:id:smoglog:20180304183025j:plain

f:id:smoglog:20180304183029j:plain

繭玉状になっていて、3玉。

f:id:smoglog:20180304183041j:plain

無印コットンと比較。

 

f:id:smoglog:20180304183049j:plain

ロール状とかではないので、千切って使います。

無駄なく使えそう。

 

f:id:smoglog:20180304183054j:plain

このコットン、すごくコイルに通しやすいです。

繊維方向が決まっていて千切れにくいからかな?

 

f:id:smoglog:20180304183122j:plain

最初はリキッド弾きますね。こういうコットンはリキッドしっかり供給してくれるみたいです。

 

f:id:smoglog:20180304183118j:plain

きちんとリキッドが移動していて、端から乾いていっています。

 

味の感想は最後に書きますね。

 

次はデーモンキラーの付属のコットン。

ケンドーコットンのゴールドのように、ロールになっています。

f:id:smoglog:20180304183131j:plain

ベイパーチョイスコットンに似ているかな?

千切れやすいので、キツキツで詰めるのは少しむずかしいかも。

 

f:id:smoglog:20180304183127j:plain

リキッドはすーっと入っていくタイプ。

 

最後にコットンベーコンです。

f:id:smoglog:20180304183134j:plain

f:id:smoglog:20180304183142j:plain

こちらは短冊状になっています。

これも結構千切れやすいコットンですね。

プロコットンと価格差倍ありますが、量も倍くらいあるので、お好みでって感じかな。

 

f:id:smoglog:20180304183146j:plain

プロコットンよりは良いけど、結構弾きますね。最初は。

 

では味のジャッジ。

あくまで個人的な感想ですが、味に関してはダントツでコットンベーコンが良かったです。

プロコットンと比べると、味の解像度が違うといか。プロコットンは少しまろやかというかボケた印象になりました。一発目なので、熟れてくると思いますが。

デーモンキラーは、ワイヤーのおまけということもあってか、はっきりとリキッドではない味が感じられます。渋みのような……これがコットン臭ってやつなのかな?

 

プロコットンの利点は、ちぎれにくくコイルに通しやすいって印象がありました。

コイルにギチギチに詰めたい人はこのコットンがいいのではないでしょうか。

 

コットン大尽なので、しばらくコットンは買わないと思います。