ケムリノチハレ

非喫煙者がVAPE(電子タバコ)をはじめてみた。

本日のビルド/ KHW MODS Pelso V3 RDA初ビルド

f:id:smoglog:20170703204348j:plain

前回記事に書いたPelso V3 RDAの初ビルド&初吸いです。

ワクワクします!

Pelso V3 RDAは、2本あるネガティブのポストを取り外して2ポールデッキにしたり、ポジションを変えることができる特徴があります。

まずは、最初はBFピンが付いているので、それを通常のピンに付け替えます。

今回は、おそらくモッダーさんのオススメの、2ポールでエアフローが直角になるビルドにしようと思います。

 

 

f:id:smoglog:20170703204344j:plain

コイルは何も考えずに3ミリで作ったら、スリーブギリギリになってしまいました。

これはメカでは使いたくない。

メカで使う場合は、2.5ミリ経までにしておいた方が良いと思います。

カンタル3ミリ経、8ラップのデュアルで0.6Ωです。

 

f:id:smoglog:20170703204345j:plain

コットンを詰めまくってチェンバー内を狭くするのが、このRDAのビルドのコツらしいです。さすがにこれは多すぎ。

 

f:id:smoglog:20170703204346j:plain

これくらいでも良いかもしれません。

 

f:id:smoglog:20170703204347j:plain

スリーブを付けるとこうなりました。

やっぱりコイル経がでかすぎました。

 

f:id:smoglog:20170703204348j:plain

ドリップチップは、KHW MODSのテフロン製のもの。

小径でくびれていてとてもくわえ心地が良いです。

 

リキッドはウィッチャーズブリューのLevel1Elixir。

吸ってみた感想ですが、味が凄く出るという感じには思いませんでした。

でも、しっかりと味の輪郭が出るという感じ。

レベル1エリクサーの場合、今まで吸ったアトマイザーでは、一番控えめだったピーチクリームのフレーバーもしっかりと出ます。

圧巻は、ミストの感触です。ふわふわとしていて非情に上品な感じ。いや、これは自分の錯覚か……ふわふわというか、もちもちとしたミストなんです。これはビックリ。

今回のビルドの場合、吸口の下にコイルが無いので、スピットバックは皆無です。

スピットバックが嫌いな自分は、これも評価点。

 

ドローの重さは、一番軽くしても適度な重さがあります。

自分は非喫煙者だったこともあり、一番大きい穴かもう一つ小さい穴で運用しそう。

小さい穴はかなり絞れます。2個穴があってもMTLできます。

 

トップキャップとエアフローのスリーブが分離できるので、トップキャップだけ開けてリキッドを補充できます。

サイドエアフローってエアフロー穴の位置を戻すの面倒じゃないですか。

 

今まで使ってきたアトマイザーとは色んな意味で違ったので、今までのアトマイザーとの比較ができて、いろいろ分かったことがあります。

例えば、ハダリーの味が濃くでるけど荒々しいという表現。

今までは、意味がわからなかったんですけど、Pelso V3を吸って理解できました。

 

短いvape歴の中ですが、このアトマイザーが一番気に入りました。

しかも、いろいろなパターンが試せて、まだまだ奥が深そうです。